←prev entry Top next entry→
許せぬ橋下発言2 サッカーW杯


今日、日本サッカー協会の小倉会長が記者会見をして、サッカーのW杯招致失敗について解説をし、小倉会長は、落選理由の一つとして、橋下知事の発言が、選考委員の判断にボディーブローのような影響を及ぼしたとしたそうです。

小倉会長は「さびしい国です」と発言したそうです。

ずっと賛成してきたにも関わらず選考の前日に突然、「僕は森をつくりたい。大阪市長選、知事選、統一地方選で(スタジアム建設を)阻止する政治運動をしてもいいと思う」という橋下知事の発言は、
本当に許すことができません。

オリンピックでもW杯でも政治の強力な協力が得られることが条件なのは、いまや当然となっているのに、橋下知事の発言は許すことができません。
もう少し、自分の発言がどのような影響を及ぼすか知事には考えてほしいものです。

| 西哲史 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: