←prev entry Top next entry→
ごみ勉強会

 

エスコープの皆さんと一緒に、堺のプラスチックとペットボトルのリサイクルの工程を見学に行きました。
来年春にかけて、エスコープの皆さんや多くの環境問題に取り組む皆さんは、「2R促進」を求める国会請願の署名運動を開始するそうです。

私の学生時代から取り組んでいるテーマですが、4R(「Refuse-Reduce-Reuse-Recycle」といったり3R(「Reduce-Reuse-Recycle」)といったりしますが、本当は、優先順位は、Refuse→Reduce→Reuse→Recycleの順番で行うべきにも関わらず、リサイクル偏重になっている現状があります。

実際、この再資源化費用は、自治体にとって大きな負担になっています。そういった意味で、リサイクルではなくその前の(Reduce→Reuse)を促進するような仕組みをつくっていかなくてはいけません。その一つが拡大生産者責任です。製品の費用に再資源化費用を内部化する仕組みをつくることによって、企業側に、省資源化への誘因を働かせるようにしなければなりません。

これについては、私の学生時代の先輩である

村井宗明衆議院議員が国会でとりあげています。

 

| 西哲史 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: