←prev entry Top next entry→
住宅まちづくり審議会

 朝から「住宅まちづくり審議会」に出席しました。
「住宅まちづくり審議会」のメンバーとして、議論に加わらせていただきましたが、内容は基本的には私が議会に送っていただく前に議論をされていた内容を元にしたものです。

様々な意見をのべましたが、特に、「政策目的」と「成果指標」の関係について多くの指摘をしておきました。本会議の大綱質疑でも述べましたが、「目的」と「指標」が一致していないものが行政には多々あるといわざるをえません。

「目的」が大きいにも関わらず「指標」はその一部分を切り取ったものしかありません。成果を測れないのであれば目的は変えるべきですし、どうしてもその「目的」を達成しなければいけないのであれば、しっかりと「指標」開発をしなければなりません。

政策目的と指標を一致させて「科学的」な政策運営をおこなっていかないと、場当たり的な政策運営になりかねません。
減量型の改革しか行えない橋下知事とは違って、民主党は政策目的と成果指標をしっかりと一致した政策運営の確立を行っていくことが重要と考える、ということを私は訴えていきたいと思っています。

| 西哲史 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: