←prev entry Top next entry→
民主党から堺市議会副議長誕生へ

 


議会にて、役員選挙が行われ、民主党・市民連合からは、堺区選出の大毛議員が副議長に選出されました。
議会において、議長・副議長がどれだけ重要なのか、はっきりいって議員になるまで全くわかりませんでした。「単なる司会でしょ?」位に思っていましたし、多くの一般市民の皆さんと話していても、そのように思われていることが多いように感じています。

しかし、実は、議会の議長というのは、二元代表制の一翼を担う議会の長として、市長とある意味で対等な役割を担うと規定されています。議長や副議長がどのように市政の意思決定に参画をするかというのが市政において非常に重要な意味をもっていることが議会議員になって初めて実感しました。我が会派で3年間幹事長をつとめられ、様々な指導をしていただいている大毛議員が副議長をされることは私にとってはとても歓迎すべき状況です。

議会の中で様々な苦渋な調整があるようですが「生活が第一」の民主党の思いを少しでも反映できるようバックアップしていきたいと思っています。

| 西哲史 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: