←prev entry Top next entry→
アースデイはまでらこうえん


今年も浜寺公園で行われた「アースデイはまでらこうえん」に参加してきました。
去年、一昨年と参加するのみでしたが、今年は、スタッフで参加し警備を担当しました。
昨年のブログにも書きましたが、東京のアースデイには、学生時代より関わってきました。

アースデイは、1970年、ウィスコンシン州選出のG・ネルソン上院議員が、4月22日を"地球の日"であると宣言、誕生したそうです。ネルソン氏は、学生運動・市民運動がさかんなこの時代に、アースデイを通して、環境のかかえる問題に対して人びとに関心をもってもらおうと考え、それは当時全米学生自治会長をしていたデニス・ヘイズ氏による、全米への呼びかけへとつながりました。そうして、1970年の最初のアースデイは、延べ2000万人以上の人びとが何らかの形で、地球への関心を表現するアメリカ史上最大のユニークで多彩なイベントとなりました。(アースデイのホームページより)そして、いまでは世界中でアースデイが行われています。

浜寺公園のアースデイは3回目ですが、様々な人たちの思いがつまったとても良いイベントでした。
原材料や製造過程にとてもこだわった環境配慮型の商品が売られていたり、スローなコンサートが行われたりしていました。

会場では、11年来の友人が名古屋からアフリカの天然シアバター(Wikipediaのサイトを参照)を売りにきていてびっくりしました。(友人のサイト→アフリカ工房)。
彼が青年海外協力隊で知り合った現地の人たちと直接やりとりをしていると聞き、がんばってる姿にとても嬉しくなりました。

アースデイは、来年も関わっていこうと思っています。
自然に環境問題を考えることができるこのような機会は素晴らしいなと思いました。 

| 西哲史 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: