←prev entry Top next entry→
百済川・石津川合流点「けんさきひろばオープニング式」


大阪府、堺泉北ロータリークラブ、神石小学校などが協働している市民ボランティアグループ「石津川に鮎を」の方に教えて頂いて、石津川と百済川の合流点にオープンした「けんさきひろば」のオープニングイベントに出席しました。

堺区と西区のほぼ境で西区の方々と堺区の方々が多数出席されていました。
この「けんさきひろば」は堺区の神石小学校の子ども達が3年前に「こんな公園があったらいいな」と思いついて大阪府土木事務所に提案したところ、大阪府が実施に向けて取り組んだもので、とても夢のつまった公園だと思いました。

また、最近この合流点ではついに、鮎が1尾観察されたそうでこの「石津川に鮎を」の皆さんの夢が実ったようでとても嬉しく思いました。
石津川に鮎をの活動がみのったのだと思います。私も、河川汚染解消の問題について、再三大綱質疑で取り上げてきましたが、これからも、川の水質改善にむけて取り組んでいきたいと思います。

完成式典では、小河大阪府副知事からの挨拶のあと、完成セレモニーとして、神石小学校の児童や保護者、公園整備に携わった関係者を含め約150名が参加して、テープカット、記念プレート贈呈、タイムカプセルの引き渡し、低木の植樹・花壇への花苗の植え付け等を行いました。

顔なじみの堺市の環境局の職員のみなさんが、立場を明かさず、多数、ボランティアで参加していたのが印象的でした。

| 西哲史 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: