←prev entry Top next entry→
市立堺病院移転

 
竹山新市長が「堺病院の津久野地域への移転について見直す」と表明したことによって止まっていた堺病院の移転が再度、今議会に提案されました。

街を歩いていると多くの市民の皆さんから、「津久野への市立堺病院の移転は中止になったの?」とお尋ねをいただくことも多々あり、多くの市民の皆さんに不安を巻き起こしていました。

「救急救命センター、3次救急が、堺市に不可欠であること、また、建設可能場所が津久野しかないことから、津久野地域への移転は自明なのですから、移転を遅滞させないように」と機会をとらえて、津久野地域への移転を早急に行うよう求めてきた私としては、改めて津久野地域への移転決定は、ホッとしているところです。

竹山市長就任によって、半年以上当初計画から遅延してしまうことは非常に残念ですが、スピードをあげての整備を様々な機会をとらえて求めていきたいと思っています。

現段階で想定されるスケジュールとしては、H22年度中設計発注 設計に16か月かけてH24年度内着工、そしてH26年度内供用開始を目指すようです。

| 西哲史 | - | comments(0) | - | pookmark |
Comment
name:
email:
url:
comments: